ピュアヘルスはアスタキサンチンのサプリ、ピクノジェノールのサプリメント、クリネオシリーズの通販を行っております

ピュアヘルスのエイジングケア

「アスタキサンチン」

アクティブエイジングケア(積極的抗老化)・オプティマルエイジング(至福な加齢)という視点に立ってアスタキサンチン+αのレシピを配合し、団塊世代やパソコンで目を酷使する方を対象として開発しました。

主な成分
DHA・卵黄コリン・リコピン・いちょう葉エキス・ルテイン・大豆レシチン・β‐カロテン
アスタキサンチンって何?
アスタキサンチンとは、微細藻類のヘマトコッカス藻に含まれる
カロテノイド系の赤い色素のことで、食物連鎖によってエビ・カニなどの甲殻類や、
サケ・イクラなどの魚介類に蓄えられていきます。
近年、アスタキサンチンの有用な特性が、コエンザイムQ10に続く話題の成分として注目を集めています。
アスタキサンチンの抽出・製造
ヘマトコッカス藻でアスタキサンチンを培養
淡水性の単細胞緑藻「ヘマトコッカス藻」は、株の大きさは約10〜80ミクロン(1ミクロンは1,000分の1ミリ)という、球状の細胞です。細胞増殖をする栄養細胞は緑色で、2本の鞭毛を持ち、独自に遊泳します。強い光や栄養飢餓などのストレスを受けると硬い細胞膜を形成して休眠細胞となり、細胞内にカロテノイドの一種である赤色の「アスタキサンチン」を蓄積しはじめ、やがて細胞全体が赤色に変色。それを屋外で培養し、濃縮・乾燥させ、厳密な品質管理の後抽出することで原料が出来上がります。
アスタキサンチンを6mg(フリー体として)とるのに必要な量は?
アスタキサンチンはエビやカニなどの食材に含まれていますが、いずれも微量です。例えば補給の目安として6mg摂取しようとすると、車エビなら1尾70gの大サイズで約30尾、毛ガニだと1.8杯(1杯500g)、イクラで約750gを食べなければなりません。
食事のバランスをとったうえで、サプリメントの活用をおすすめします。

※写真はあくまでイメージです。

「ピクノジェノール」

スイスのホーファーリサーチ社のライセンスを受け、基準をクリアしなければ添付を許可されない、同社のロゴの添付も許可されており、品質には自信があります。「フランス海岸松樹皮抽出物:ピクノジェノール」の抗炎症作用・血流促進機能は、婦人科疾患でお悩みの女性や、多忙で生活習慣の改善に時間を割けない方に喜んでいただける商品です。

歴史
1970年代初めから樹皮抽出物の研究を行っているホーファー・リサーチ社(本社スイス、ジュネーブ)は、このフランス海岸松から得られる抽出物を、濃縮を意味する"Pycno"生成を意味する"gen"そしてフラボノールの接尾語"ol"を組み合わせて"Pycnogenol"と名づけました。
抽出
肥料や農薬などを一切使用しないで育てた樹齢25年以上のフランス海岸松の樹皮を、伐採後24時間以内にホーファー・リサーチ社が提携するバイオランデス社に輸送。独自の製法に基づいてピクノジェノールは抽出されます。また、フランス海岸松1,000kgからは、1kgのピクノジェノールが精製されます。

ピクノジェノールの購入はこちらから

※写真はあくまでイメージです。

「クリネオシリーズ」

「忙しい現代女性に、シンプルで安心な化粧品を!」今里社長が、試行錯誤を繰り返しながら開発した、無香料・無着色の商品です。

クリネオピュアクリームは弱酸性。朝(乳液・化粧下地として)でも、夜(お休み前のお手入れとして)でもお使いいただけます。
モイスターローションはノンアルコール。男性の髭剃り後にもお使いいただけます。

クリネオシリーズの購入はこちらから

※写真はあくまでイメージです。

Papilio 毎日が快適、毎日が楽しい。 いくつになっても、「 今がステキ!」がいい。 これまでの毎日だって、もちろん充実していた。  けれども、これから過ごす時間を、

かつておしろい(白粉)は「鉛白」といわれ、体に害を与える鉛で作られていました。歌舞伎俳優など限られた人たちが使用していましたが、鉛毒に犯されることも少なくなかったそうです。鉛が法律的に禁止されたのは昭和9年。その先駆けとなったのがパピリオの前身、伊東胡蝶園で、明治33年、初めての無鉛白粉を発表しました。そしてその3年後、「伊東胡蝶園の御園白粉」として本格的に販売を開始。当時、化粧はまだ女性の秘め事でしたが、歌舞伎俳優から絶大な信頼を得、その後またたくまに、一般女性に広がりました。

アクティブエイジの肌を研究し、和漢植物成分を中心に、肌に優しい成分を厳選して使用しています。

上手にメイクするのは難しいですよね。しかも眉が薄くなったり、くすみが気になったり、年齢を感じる肌ならではの悩みも。だからといって、何度もお化粧直しをするのは面倒なもの。パピリオのメイクアップ・アイテムは特別なテクニックがなくても思いのままにメイクができ、しかも「落ちにくく」「落としやすい」相反する要望もきちんとクリア。スキンケア成分も配合されているのでお肌をいたわりながらメイクが楽しめます。

▲ページのトップに戻る